水漏れと詰まりの違い

水道修理修繕隊MADLICK

水漏れと詰まりトラブルの違いについて

水漏れと水の詰まり、この2つのトラブルの違いと対処方法の説明をします。

水漏れとは、水が漏れることです。水漏れは早期発見が大切です。
最初は、わずかな量から漏れていきますが知らないうちに大量な水がながれ水道料金が馬鹿にならないくらいかかってしまいます。家の老朽化から起こります。対処方法としては水道会社、管理会社に駆けつけてくれるように連絡をします。
駆けつけてくれるまでの間何もしないということはいけません。自分でできることをしておきましょう。まずこれ以上水が流れないように排水管を固定し、床下にたまっている水を吸い取ります。水が大量ほど家の下に住んでいる人にも迷惑をかけるかもしれません。後は水道会社に任せます。
水の詰まりとは排水管に何かしらのものが詰まっておりそれが原因でうまく水が流れてくれないことを言います。台所でも水の詰まりは水アカによるものが多いでしょう。原因が水アカと分かればその原因を解消しましょう。
排水管にこびりついた水アカを掃除することで水の流れ方はよくなるでしょう。お風呂場でよく水が詰まり排水溝に水が流れて行ってくれないことがあります。その多くの原因はシャンプー、リンスの残りの液体や髪の毛が多いのです。これも排水溝についた髪の毛をきれいに取り除いたり市販の洗剤を使って排水管をきれいにすることができます。なかなか排水管の様子を見たり、掃除をしたりしませんが日ごろから気にかけておけば水道トラブルに巻き込まれることは少なくなります。

火災保険の水濡れ補償について

賃貸住宅や個人所有であってもマンションやアパートの方が特に想定しておくべき事故として水漏れがあります。上階で水漏れが起きて天井に水の染みができたり、床が水浸しになってしまったりしてしまう可能性があります。自分では上階にどんな人が住むのかコントロールできなく、仮にコントロールできたとしても水漏れを100%防ぐことができません。その為に火災保険で「水漏れ特約」という保険がありますので確実に加入しておきましょう。

火災保険の水濡れ補償は何に対して使えるのか?
火災保険でいう「水濡れ補償」は、給排水設備の故障や他人の戸室で生じた偶発的な事故で水漏れや放水などが起こり、水濡れ損害が発生してしまった場合に補償を受けることができます。給排水設備というのは、給水・給湯管や排水管、貯水タンク、給水タンク、トイレの水洗用の設備、スプリンクラー、スノーダクトなどを指します。
偶発的に水漏れが起こってしまった場合、それが原因で発生する費用としては以下の3つが考えられます。
1:水漏れを起こした給排水設備自体の修理費用
2:水漏れによって濡れてしまい損害を受けたものの修繕・買い替え費用
3:他人の建物や家財に損害を与えてしまった場合の損害賠償費用
このうち、水濡れ補償で補償されるのは2番目の水漏れが原因による建物や家財への損害です(家財については家財が保険の対象に含まれている場合、以下同様)。例えば、給水管が破損して床や壁紙の張り替えや電化製品の買い替えが必要となった場合、その費用について補償されます。
1番目については、水道管修理費用保険金などの特約も契約していれば、原因が水道管の凍結によるものであった場合は保険金の支払いを受けることができます。
3番目の他人の建物・家財に損害を与えてしまった場合の損害賠償については水濡れ補償ではなく個人賠償責任保険によって補償される内容です。個人賠償責任保険は、火災保険の特約として契約できるほか、自動車保険や傷害保険の特約として加入することもできます。

水道まわりのトラブルは、初期で対処しておいた方が容易に水道の修理ができることが多いです。また、水漏れの際には、そのままにしておいたら水道料金が高くなっていく傾向が多いと言えるでしょう。また、排水の詰まりトラブルの場合には、症状が悪化していくことで大がかりない修理(工事)となって行くことが多いと言えます。早期の水道の修理を行うことが極めて重要と言えるでしょう。

火災保険と水災保険の違い

火災保険と水災保険は、それぞれ異なるリスクに対する保険です。
火災保険は、建物や家財などが火災によって損害を受けた場合に補償する保険です。火災による建物や家財の焼損や煙害、爆発などによる損害が対象となります。火災保険には建物火災保険と家財火災保険の2つのタイプがあり、保険契約の内容によって補償範囲が異なる場合があります。
一方、水災保険は、水の浸入や水の漏れなどによって発生する損害を補償する保険です。例えば、水道管の破裂や浴室の漏水、水槽の破損などによる被害が対象となります。水災保険は、火災保険とは別の保険商品として提供されることが一般的です。
火災保険と水災保険の主な違いは、保険の対象となるリスクが異なる点です。火災保険は火災による損害を補償し、水災保険は水による損害を補償します。また、保険契約の内容や補償範囲も異なる場合があります。
ただし、具体的な保険商品や契約内容によって異なる場合がありますので、保険会社や契約書の内容を確認することが重要です。保険に関する具体的な情報や相談は、保険会社や専門家にご相談されることをおすすめします。

水漏れトラブルの借家人賠償と第三者賠償の違い
水漏れトラブルにおける借家人賠償と第三者賠償について説明します。
借家人賠償は、賃貸住宅などの借主が起こした水漏れなどのトラブルによって発生した損害を補償する責任を指します。借主が不注意や過失によって水漏れが発生し、それが隣人や他の部屋の住人に被害を与えた場合などに、借主はその損害を賠償する責任が生じることがあります。借主は借家契約に基づいて、建物や設備の適切な使用と管理を負う義務があります。
一方、第三者賠償は、賃貸住宅の隣人や他の部屋の住人など、借主以外の第三者が起こした水漏れなどのトラブルによって発生した損害を補償する責任を指します。例えば、隣人の水道管の破裂によって水漏れが発生し、それが他の住戸に被害を与えた場合などに、隣人はその損害を賠償する責任が生じます。
借家人賠償と第三者賠償の違いは、責任を負う主体が異なる点です。借家人賠償は借主が責任を負い、第三者賠償は他の住人や関係者が責任を負うことになります。
なお、具体的な借家人賠償や第三者賠償の詳細な内容や範囲は、契約書や地域の法律によって異なる場合があります。トラブルが発生した場合は、契約書や法的な規定を確認し、必要に応じて法律や専門家の助言を受けることをおすすめします。

修理解決に努める業者
修理依頼からのロードマップ