頭文字が「え」の専門用語一覧

修繕隊

「え」から始まる用語

エアウォータージェット
エアウォータージェットは、水道工事や清掃などの分野で使用される特殊なツールや技術の一種です。これは、高圧の水と空気を組み合わせたジェットを用いて、管内の汚れや詰まりを除去する目的で使われます。以下に、エアウォータージェットについて詳しく説明します。

●原理と仕組み
エアウォータージェットは、高圧の水と圧縮空気を組み合わせたジェットを使用します。高圧の水流は、詰まりや汚れを物理的に除去する役割を果たし、同時に空気の力も加わることで、効果的な清掃や管内の通水を実現します。
●使用機器
エアウォータージェットを使用する際には、専用の機器が必要です。高圧ポンプ、圧縮空気源、制御システムなどが含まれます。高圧ポンプは高圧の水を供給し、圧縮空気源は空気を供給します。
●利点
エアウォータージェットの利点は、非常に効率的に管内の汚れや詰まりを除去できることです。高圧の水流と空気の力を組み合わせるため、通常の水流よりも強力で効果的です。また、環境に優しく、化学物質を使わないため、安全性が高いです。
●適用分野
エアウォータージェットは、主に下記の分野で利用されます。
a.水道管の清掃; 高圧の水流を利用して、水道管内の汚れや詰まりを除去します。
b.排水管の清掃; 排水管や下水道の清掃にも活用され、詰まりの解消や通水の確保が目的です。
c.工業用途; 工業施設の配管や装置の清掃、メンテナンスにも利用されます。
●安全対策
エアウォータージェットを使用する際には、適切な安全対策が必要です。これには、作業者の適切な装備、作業範囲の適切な封鎖、故障時の対応などが含まれます。

エアウォータージェットは、効率的で力強い清掃方法として広く利用されています。高圧の水流と空気を組み合わせることで、管内の汚れや詰まりを効果的に除去し、水道管や排水管のメンテナンスに役立ちます。



エアレーション
エアレーションは、水道工事や水処理における特定のプロセスまたは技術であり、主に水中に含まれる溶存酸素の量を増加させるために使用されます。これにより、水の品質を改善し、生態系への影響を軽減することが目的とされています。以下に、エアレーションについて詳しく説明します。

●目的
エアレーションの主な目的は、水中の酸素濃度を増加させることです。これにより、水中生態系や魚類の生息環境を改善し、異臭や水質の悪化を防ぎます。
●原理と仕組み
エアレーションは、空気中の酸素を水に導入することで、水中の酸素濃度を増やします。一般的には、空気を水中に噴射するエアストーンやタービン、気泡拡散器などの装置を使用します。これにより、水と空気が混ざり、酸素が水中に溶解しやすくなります。
●装置と方法
エアレーションに使用される装置には、エアストーン、エアレーターポンプ、気泡拡散器、タービンなどがあります。これらの装置は、水中に空気を噴射したり、水をかき混ぜたりすることで、酸素を水中に供給します。
●適用分野
エアレーションは、さまざまな分野で利用されます。
a.魚介類の養殖; 水槽や養殖池で魚やエビなどを飼育する際、酸素濃度を維持するためにエアレーションが行われます。
b.水処理プラント; 水処理施設で汚水を浄化する際、エアレーションは微生物の活動を促進するために使用され、有機物を分解します。
c.水道施設; 浄水場や配水施設で、水道水の品質を改善するためにエアレーションが行われることがあります。
●利点
エアレーションの利点は、水中の酸素濃度を増加させ、水質を改善することで、生態系への影響を軽減し、魚や水生生物の健康を保つことができる点です。

エアレーションは、水中の酸素濃度を調整する重要な技術であり、水道工事や水処理プラント、養殖業などで広く利用されています。


ロードマップ