水道配管に保温材を巻くなどの対策が必須です!

修繕隊MADLICK

水道管の凍結について

あまり関心がなくわからないのが「水道配管の凍結」です。水道管や給排水パイプが凍結を起こすとどうなるか?と言いますと、末期として水道管が破裂してしまいます。
水が凍結してるから暖かくなれば水が出てくるだろうと誰もが思います。しかし、水が凍って通水してままにしていくと次第に膨張していき圧力に耐えられなくなった水道管が破裂してしまい修理するのに修理費用がかかってしまいます。そうならないためにも凍結防止策をしておく必要があります。

どうしてかと言うと、水道配管に通水している水は、0度以下になると次第に凍り始めていきます。外気温が氷点下4度以下になってくると蛇口から水がでてこなく管内で水が凍っている状態になります。
水道管が凍結すると、通水している水が凍ることで体積が増えるので水道管が破裂して、家の壁に穴を開けて修繕することになる場合もありますので水道管の凍結は避けたいのが理由です。

凍結を防止する方法
●蛇口などから水を流しておく
常に水を流し続けて置けば管内の水が動きつどけますので凍ることがありません。しかし、水道料金がかかりますので非常時の際手段としてお考え下さい。
●水道配管に保温材を巻いておく
古い住宅など、水道管がむき出しになっている場合には、水道配管に保温材を巻くなどの対策が必須となります。寒冷地でない場合は、水道配管に水道凍結防止帯用保温テープなどの保温材を巻き付け、ビニールテープで保護をする方法が選択されているのが多々あります。また、寒冷地などでは、グラスウール製の保温筒などで水道管を保護する方法や管凍結防止ヒーターを水道管に巻く方法が選択されています。
●水抜きをしておく
寒冷地では、当然のことです。長期不在にするときには、水抜きをしておくことをお勧めします。



修理評価一覧
蛇口の交換 排水トラップの修理
小便器の詰まりを除去 詰まるまで気がつかなかった
床下からの水も乗れ ポンプの交換
お風呂場の排水不良 洗濯機の水道設備
トイレが詰まった 浴室の蛇口を交換

当社では、電話無料相談を実施しております。
水まわりでお困りの際には、ご気軽にお問い合わせ下さい。
尚、一般の方を対象にしておりますので同業者の方は、対象外となっております。

修理評価一覧Part2
トイレに排水詰まり

対応メーカー

施工料金


修理依頼からのロードマップ